肺がんの種類と治療|がんの治療で転移を防ぐ|早めの対処で予防しよう

がんの治療で転移を防ぐ|早めの対処で予防しよう

病院

肺がんの種類と治療

診察室

肺は私達人間が呼吸をするのに必要不可欠となる臓器です。そのため、その器官が弱ってしまうと呼吸を行なう際に異常が発生することが多いのです。肺がんなどはとくに深刻な肺の病気で、とくにタバコを吸う喫煙者に多いのが肺がんとなっています。これだけの説明を聞くと肺がんになるのは喫煙者の方だけだと勘違いしてしまうのですが、タバコを吸わない方でも肺がんを発症してしまう可能性があるので喫煙習慣などがないからと言ってリスクが全くないと油断しないようにしましょう。一般的に、喫煙者の肺がんのリスクは全くタバコを吸わない非喫煙者と比較すると20倍以上リスクが高いことで知られているので肺がんを予防したい場合などは喫煙を辞めるようにしましょう。

肺がんの場合は小細胞肺がんと非小細胞肺がんに分けることができます。小細胞タイプの場合はがん細胞の増殖が速いことが知られていて、リンパ節や脳などの他の細胞に移転しやすいのが特徴となっています。非小細胞タイプよりも抗がん剤治療や放射線治療の効果が表れやすいので抗がん剤による治療や放射線治療が主になってきます。非小細胞タイプは小細胞がんに分類されない肺がんの総称となっていて、肺で発生するがんの80%以上が非小細胞タイプに分類されます。腺がんや扁平上皮がんなどの数多くの発生しやすい部位があるため、発生した部位によっても症状や進行速度などが変わってきます。非小細胞タイプの場合は部位などに関係なく抗がん剤治療や放射線治療の効果があまり効果的ではないので外科的手術などを中心とした治療方法を行なっていきます。