治療とリハビリ|がんの治療で転移を防ぐ|早めの対処で予防しよう

がんの治療で転移を防ぐ|早めの対処で予防しよう

病院

治療とリハビリ

診断

脳梗塞は早期に治療を開始することが、重症化の予防にもつながり、重大な後遺症の予防にもつながります。後遺症はできるだけ残さないようにしなければ、その後に続く人生を大きく狂わせてしまうのです。脳梗塞が発症の際に症状に現れることがあるため、そのサインを見逃さないことが重要となります。症状は主に口がうまく回らなくなったり、目の焦点が合わなかったりと様々なものが挙げられます。これらの症状が出た場合には、早めに病院へ行くことが大切です。また、脳梗塞の治療は、まず薬物治療、必要であれば手術です。そして、リハビリも早期に始めることが、最近では推奨されています。

薬物治療は、血栓ができていることが確認されれば、すぐに血栓溶解薬が投与されるでしょう。脳にできた血栓を溶かし、血流を再開させて脳活動を取り戻すのですが、これは脳梗塞が起こってから3時間以内にしないと効果がないともいわれています。3時間あれば大丈夫だろう、とは決して思わないでください。脳梗塞が発症すればそれだけでパニックに陥ります。本当にそうなのかな、違ったらいいのにな、ちょっと様子を見ようかな、なんて思っている間に3時間なんてすぐに過ぎてしまいます。また、救急車を呼んでもすぐに来てくれるとは限らないこのご時世です。一刻も早く病院にかけこまないといけません。血栓溶解薬以外にも、抗凝固剤や抗血小板剤、脳浮腫軽減薬などが使われることもあります。予防的に薬が使われることもあるかもしれません。
特に臥床期間が長くなることで、歩行能力の低下も引き起こしますし、麻痺した手足の拘縮も進行させてしまいます。最初は拘縮予防のマッサージを、ベッド上で始めます。その後は、機能回復と生活場面を意識したリハビリが始まります。拘縮進行への予防も必要です。