乳がんの検査と発生|がんの治療で転移を防ぐ|早めの対処で予防しよう

がんの治療で転移を防ぐ|早めの対処で予防しよう

病院

乳がんの検査と発生

ドクター

女性の患者さんが圧倒的に多いがんが乳がんだと言われています。乳がんは乳房の乳腺にできる悪性腫瘍のことを乳がんと言います。乳腺には母乳を生成するための小葉と小葉で生成した母乳の通り道の役割を持っている乳管に分けることができます。乳がんに多いパターンとしては乳管ががん化してしまうことが多いのです。乳がんの場合は非浸潤がんと浸潤がんの2つの種類に分けることができます。非浸潤がんの場合は近くの乳管などに移ることなくその場で増殖をするタイプのものですが、浸潤がんの場合はがん細胞が増加して近くの細胞をがん化させてしまうので注意が必要です。浸潤がんだった場合は血管やリンパ管などを伝ってがんが全身に広がってしまう可能性があるので注意しましょう。また、がんには性質があり、リンパや血液の流れで病巣から遠くにがんが発症してしまっても転移した部位で発生したものではなく乳がんとしての性質を持っているがんなので治療する際には乳がんへの対処方法と同じなので慌てる必要はありません。

乳がんの検査の際にはまずは問診から始まって乳房の対称性や陥没性、皮膚の状態などを見ていき状態を確認しましょう。直接触などを行なう触診の場合は医師が直接患部である乳房に触ることによって乳がんの特徴であるしこりなどの有無を確かめます。最新設備であるマンモグラフィ検査なども同時に行なわれるのでより確実な情報を触診とマンモグラフィ検査などで知ることができます。これらの検査でがんが乳房で発生しているおそれがある場合はエコー検査や生検などを行なってがんであることを正確に調べます。生検の場合は患部の細胞を直接採取して検査を行なうので確実に検査結果を得ることができるようになっています。しっかりと検査してから治療に努めましょう。