がんの治療で転移を防ぐ|早めの対処で予防しよう

看護師

転移しても慌てない

聴診器

がんを発症してしまった際に、臓器などでがんが発生した場合、病巣は1つであることが多いのですが、骨や血液内でがんが発生してしまった場合などは全身にがん転移が起こってしまう可能性が高いため、全身に行き渡る治療を行なわなければなりません。がん転移には種類があり、転移の種類によっても死亡率が変化してきます。近くの内臓に転移してしまう場合のがん転移は局所転移などと言われていて、がんの病巣である内臓から近い臓器に転移してしまった場合などは早めに対処を行なえば回復する見込みがあります。領域転移と呼ばれる転移はリンパ節などに転移してしまうことを指します。リンパの流れに乗って全身に悪性腫瘍がめぐってしまう可能性があるので注意が必要です。リンパ節などの近くにがんが病巣を作ってしまった場合は転移しないように医師と相談する必要があります。がん転移のなかでも厄介なのが遠隔転移と呼ばれる転移で、病巣から離れた部分に転移してしまうがん転移です。すでに血液やリンパなどに乗ってがんが全身に広がっている恐れがあるので末期状態に近いため、生存率は他の転移よりも低くなってしまいます。がん転移にはこのような種類があるので特徴などをしっかりと把握してから治療に取り組みましょう。

がんが全身に転移してしまっている状態の治療方法として有効なものは化学療法である薬物投与とナチュラルキラー細胞によるNK療法とされています。NK療法の場合は副作用なども殆ど現れない治療方法となっているので、積極的に治療を受けてがんを治していきましょう。

治療とリハビリ

診断

脳梗塞が疑われて病院に行ったら、まず、検査をいくつか受け、脳梗塞の診断が確定して治療方針も同時に決定することになるでしょう。とにかく、脳梗塞の治療は早く始めないといけないのです。

Read More

乳がんの検査と発生

ドクター

乳がんは女性に多い女性特有のがんと言っても過言ではありません。乳房にしこりができてしまっている場合などはがんが乳管に発生している可能性があるので注意した方が良いでしょう。

Read More

肺がんの種類と治療

診察室

肺は呼吸を行なうために非常に重要な器官となっています。ですが、タバコを吸うことによって発生する肺がんなどの原因となってしまう可能性が高いので喫煙者は肺がんの種類などを把握しておきましょう。

Read More